車の情報

グランエースはダサい?みんなの反応と外観や内装をまとめてみた!

 

トヨタから新しいミニバンが発売されるの?

グランエースって見た目がちょっとダサくない?

ミニバンって言うけどサイズがすごい大きいらしいけど、どのぐらいなの?

 

そんな疑問にこれからお答えしていきます!

この記事のざっくり内容
  1. 新型ミニバン『グランエース』の情報
  2. 『グランエース』のボディサイズ
  3. 『グランエース』の狙う客層
  4. 『グランエース』の価格予想!!
  5. まとめ

トヨタから新型ミニバンとなる『グランエース』が発表されました!発売時期は2019年内とのことです。このグランエースは車体のベースが海外仕様の『ハイエース』なだけにダサいのでは?と言われることもしばしば、、、

実際のところダサいのか外装や、内装をチェックしていきましょう!!

 

\見ないと損する私の車を高く売る交渉方法はこちらへ!/

グランエースはダサい?グランエースの外観や内装

新型車の『グランエース』は海外で発売されている新型ハイエースがベースとなります。その新型のハイエースをベースとしたミニバンはすでに発売されており、それが日本仕様となったのがこの『グランエース』です!

グランエースの外観はダサいのか?

 

新しく発売される新型車『グランエース』ですが、画像をみた感じ私としては『少し前のミニバン』という印象を受けましたがダサいとまでは思いませんでした。

世の中の反応をみてみると

どうもハイエース感が抜けないけどボンネットがあるのがいい感じかな
今の時代丸い流線型が多いけどこの四角い感じがいい!!
時代が少し戻った感じがするけど、ミニバンはこの形が一番しっくり来る気がする
少し前の『ノア』みたいな感じじゃ無い?
外観は普通だけど内装がすごいよね!!
ダサさは感じないけど、この四角い感じが重厚感があっていい!

やはりそこし前の形の車という印象はある中でもダサいという意見はあまり感じられませんでした!

海外では『マジェスティ』『グランビア』として発売

このツイッターの画像はオーストラリアですでに発売されている『グランビア』です。

現在『グランエース』の海外仕様として発売されているのが

  • グランビア(オーストラリア/台湾)
  • マジェスティ(タイ)

この2車種が3ヶ国で発売されています!!

グランエースの外観

それではグランエースの外観をみてみましょう!

まずはフロントから

サイドはこんな感じ

そして後ろから

このサイドと後ろからの見た目がすこし今のミニバンの形とはちがって四角い感じがします。

この横から見た画像をみる限り、後部座席の窓はパワーウィンドウではなさそうですね!最近のミニバンは後部座席もパワーウィンドウのものが多いですがグランエースは固定式が採用されているのですね!その辺りが影響して古風なイメージになっているのかもしれません。

今現在発表されている画像では完全にノーマルの状態ですが、オプションでエアロやホイールなども準備されることを考えれば、もっとかっこいい感じに仕上がるのかもしれませんね!

グランエースの内装

こちらは運転席の画像です。

シートはベージュで内装の各所にダークブラウンの木目のパネルが採用されています。高級ミニバンという位置付けになるのでこれぐらいの内装は当然必要ですよね!

 

それではこの『グランエース』の最大のポイントである後部座席の内装を見てみましょう。

かなりVIPな内装ですね!!このグランエースのトヨタの狙いとして、芸能人や企業の役員、海外の富裕層の送迎、観光地での送迎車として利用されることを見込んでいるので、当然リヤシートの内装はVIPでゴージャスな内装が必要なわけです!

現在アルファードでもセカンドシートにファーストクラスのようなシートが採用されていますがそれも送迎などを目的としているので、このグランエースにも採用されたのですね!

 

\車の色々なダサい説は本当なのかまとめた記事はこちらです/

グランエースはかなりでかい!大きさを他車と比較

このグランエースはミニバンと言いながらも、ボディサイズはかなり大きいです。

そのボディサイズを現在発売されている車種と比較してみましょう。

グランエースと国産ミニバンのサイズ比較

全長5300mm×全幅1970mm×全高1990mm

全長は驚異の5300mm!!めちゃくちゃでかいです。笑

数字だけではこの大きさはピンとこないと思うので現在発売されているヴェルファイアとの比較画像がこちらです。

アルファードとヴェルファイアのサイズは

全長4935-4950×全幅1850×全高1935-1950

ですのでかなりアメリカンサイズなでかさであることがわかります。

グランエースと人間のサイズ比較

これでもまだグランエースの大きさにピンとこない人のために、人と写っている画像がありましたので紹介します。

写真はオーストラリアと台湾で発売されている『グランエース』と同車種である『グランビア』です。

本当にでかいですね。笑

グランエースの価格はどれぐらい?

グランエースはVIP向けの送迎車ということもあり、アルファードなどと同じ高級ミニバンに位置付けされますので、それなりの価格はしてくると思います。

現在、海外で発売されている同じ車種のグランビアとマジェスティの価格は

  • グランビア 6万2990豪ドル〜(日本円で約456万円〜)
  • マジェスティ 170万9000バーツ(日本円で約602万円〜)

このあたりからグランエースの販売価格は日本では500万円〜700万円ぐらいで発売されるのではないかと予想されますね!!

グランエースの発売について世の中の反応

 

まとめ

この記事では『グランエースはダサい?みんなの反応と外観や内装をまとめてみた!』というテーマでお届けしました!

それではまとめますね!

  1. トヨタの新型車グランエースはダサくない!
  2. トヨタの新型車グランエースは内装が超豪華!!
  3. トヨタの新型車グランエースはボディサイズがかなり大きい

トヨタの新型車であるグランエースの実物は今月開催の東京モーターショーでお披露目されますので本当に楽しみですね!!

オプションでのエアロやホイールが装着されればかなりカッコイイデザインに仕上がるのでは無いかと思います!!人気が出るのは間違い無いと思いますので、チューニングメーカー各社からもエアロパーツなどが発売されることが予想されますのでカスタムには困らなさそうですね!

皆さんの疑問は解決できましたか?

\車の色々なダサい説は本当なのかまとめた記事はこちらです/