時事ニュース

2019年台風10号はいつ上陸するの?Windy他詳しい進路予想

 

※8月13日最新情報更新

お盆休み前なのに台風か。。

いつ日本に上陸するの?

進路はどのあたりを通過するの?

強さは?

 

そんな疑問にお答えします!!!

 

この記事の内容

  1. 台風の大きさと状況
  2. WeatherNewsの進路予想
  3. Windyの進路予想
  4. 米軍の進路予想
  5. ネットの反応
  6. まとめ

 

 

 

2019年台風10号の詳しい進路予想

 

※2019年8月13日情報更新

 

もうすぐお盆休みに入るというところで台風10号【クローサー】が発生し、現在日本に向けて進んでいます。

 

  1. 大きさ:超大型
  2. 強さ:ーー
  3. 方向と速さ:北西 20km/h
  4. 中心気圧:965hPa
  5. 中心付近の最大風速:30m/s
  6. 最大瞬間風速:45m/s

超大型の台風10号は、13日(火)12時現在、種子島の南東約500kmにあって時速20kmの速さで北西に進んでいます。

台風はこの後北方向に進み、あさって15日(木)には西日本に上陸するおそれが高まっています。

※2019年8月13日情報更新

雨の情報

 

各地の雨量の予想をみてみましょう。

8月14日夕方までの24時間

  • 東海:300ミリ
  • 近畿、四国:250ミリ
  • 九州北部、九州南部:250ミリ
  • 沖縄:150ミリ
  • 奄美:120ミリ

その後8月15日夕方までの24時間

  • 四国:800から1000ミリ
  • 東海、近畿:400から600ミリ
  • 九州北部:300から400ミリ
  • 中国、九州南部:200から300ミリ
  • 関東甲信:100から150ミリ
  • 伊豆諸島、奄美:50から100ミリ

 

今回の台風10号の特徴は「超大型」の台風のため【影響範囲が大きくなる】こと、そして動きがかなり遅いため【影響時間が長い】こと。

 

これにより、総雨量が1000ミリを超えるような、いつどこで災害が起こってもおかしくないような大雨になるおそれがあります。

 

 

海、波の情報

8月13日の最新情報


お盆休みの連休中ですが、この台風の影響で大波は突然やってきます。

海水浴や釣りなどのマリンレジャーには注意してください!

WeatherNews進路予想

weathernewsの進路予想を見てみましょう。

8月13日の最新進路予想

8月11日の進路予想

 

Windy.comの進路予想

風向きや詳しい情報を見れるWindyの進路予想。

右上の風の部分をクリックするといろんなレイヤーに変更できます。

米軍進路予想

 

こちらは8月13日の米軍進路予想

 

ほぼ日本の気象情報と変わらないですね。

 

ネットでの反応

 

まとめ

この記事では『2019年台風10号はいつ上陸するの?Windy他詳しい進路予想』という内容でお届けしました!

それではまとめていきますね!!

  1. 台風10号【クローサー】は超大型
  2. 超大型のため影響範囲が広い
  3. 15日には西日本に上陸の恐れ
  4. ノロノロ台風のため影響が長引く可能性
  5. 1000ミリを超える災害級の大雨に警戒

台風や災害は上陸してからでないとどんな被害が出るかわかりません。みなさんそのいざという時のためにしっかりと災害には備えておいてくださいね!

 

皆さんの疑問は解決できましたか?

 

災害への備えについてはこちらをどうぞ!!