時事ニュース

【炎上中】タピオカランドの評判がひどすぎる!運営会社や利益は?

 

タピオカランドの運営がひどすぎる!

あんなので利益は出てるの?

運営会社はどこ?

 

そんな疑問にこれからお答えしていきます!

この記事の内容

    1. タピオカランドの運営会社
    2. タピオカランドの運営会社の過去事業
    3. タピオカランドの口コミ、評判
    4. タピオカランドの利益、収入は実はすごい
    5. まとめ

 

東京の原宿にオープンした施設【jing】にてタピオカのテーマパークとして『東京タピオカランド』が8月13日にオープンしました。

今インスタ映えでトレンドど真ん中のタピオカなのでオープンする前から結構な話題でしたが、実際に行った人の口コミや評判がひどすぎて炎上する結果に、、、

しかしこんな状態でも必ず利益は出るものなのです。

一体どんな会社が運営しているの?

そのタピオカランドを運営する会社は【STARS株式会社】

 

そのあたりをここから深掘りしていきましょう!!

【炎上中】タピオカランドの運営会社

 

では、『東京タピオカランド』の運営会社【STARS株式会社】の会社情報を見てみましょう。

東京タピオカランド運営 STARS株式会社

 

会社名:STARS株式会社

代表者:代表取締役社長 大池知博

所在地:東京都港区芝3-15-13 YODAビル4F

資本金:6,000,000円

資本主:大池知博

しっかり所在地も資本金も明記されていますし、怪しいような会社では無いようです。

今回のイベント『東京タピオカランド』の趣旨は「フォトジェニックな空間と時間を提供する」という趣旨で可愛く写真を撮って、インスタ映えするための場所を提供するものだそうです。

タピオカランドのSTARS株式会社の過去事業

 

過去に携わった事業の中にはかなり有名になったものもありました。

これはその一部で。

  • 東京アイスクリームランド
  • 東京スカイツリータウン7周年記念イベント
  • TOKYO RICRUIT FESTIVAL
  • インスタ就活
  • テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り
  • インスタ就活
  • 亀田に勝ったら1000万円(キャスティング)

やっぱり東京アイスクリームランドも運営会社は同じSTARS株式会社だったのですね。

同じ会社が運営しているだけにこんなものを発見しました。

東京アイスクリームランドと東京タピオカランドで同じものが存在します。

 

 

 

 

 

これは使い回しがひどすぎますね、、、、

全く同じものです。

タピオカランドの評判と口コミ

クオリティが低すぎる。

学芸会の出し物レベル。

トイレなしで再入場禁止など様々な酷評が呟かれていますね、、、

 

タピオカランドの口コミは酷評ばかり

 

 

 

 

タピオカランドの評判の中にはこんな意見も

 

オープンから3日でタピオカランドは少し改善

 

話題になった『トイレなし再入場禁止』は改善された模様です。笑

 

それでもまだタピオカランドには厳しい意見も

 

タピオカランドの利益、収入、マーケティング

この酷評だらけで炎上している『東京タピオカランド』ですが、利益を計算するとそれなりの利益は必ず出ます。

来場者を集める秘訣は、、、そうです、話題の『炎上商法』

『逆に気になる、、』という意見があるように一部のひとがこう思えば勝ちです。

炎上商法についてはこちらで解説しています!

タピオカランドの収入の秘訣は炎上商法

開催1日目からツイッターのトレンドに酷評が入るほどの炎上っぷりですので、炎上商法のスタートである『AIDAの法則』のA(注意を引く) I(関心を引く)D(欲求を持たせる)はたったの1日で完了しています。

残りは最後のA(行動させる)ですが開催前に3万人の来場を見込んでいると発表していましたが、これも商法の一つで関心を持たせるため大きく見積もっています。

実際は炎上させてもこの半分ほどが本当の見込み来場者数でしょう。

では半分弱の来場者数の1万5千人未満と見積もって計算してみましょう!!

利益その1 入場料

開催期間は8月13日から9月16日までの35日間です。

夏休み期間中でタピオカブームということもあり炎上効果で少なくとも1日400人ほどは入場することでしょう。

入場料1200円×400人×35日=16,800,000円

これだけでもすごい利益です。

利益その2 ドリンク収入

商品一覧をみたところの平均価格はだいたい1品560円ほどの平均価格でした。

これを仮に全員が1品ずつしか注文しなかったとしても

ドリンク560円×400人×35日=7,840,000円

これもなかなかの収入ですね。

利益その3 グッズ収入

グッズ4種類(バッジ、ボトル、ストロー、キーホルダー)とアトラクション1回の平均価格は590円です。

これを仮に入場者10人に1人の1割だけが購入したとしましょう。

グッズ代590円×40人×35日=826,000円

それなりの収入は出ていますね。

35日間の収入合計

    • 入場料金計:16,800,000円
    • ドリンク収入:7,840,000円
  • グッズ収入:826,000円
  • 合計金額:25,466,000円

1ヶ月のイベントでこれだけの利益が出れば1本のイベントとしては十分の収入ですね!!!!

まとめ

 

この記事では『【炎上中】タピオカランドの評判がひどすぎる!運営会社や利益は?』という内容でお届けしました。

それではまとめますね!

  1. 東京タピオカランドの運営会社は『STARS株式会社』
  2. 過去の事業では有名なものもある
  3. 酷評ばかりだが、逆に気になるという口コミ、評判も
  4. 炎上商法で利益は莫大

タピオカブームに夏休み、それに炎上商法を引っかければイベントは完成したようなものですね!

逆に気になる、、、という方は一度足を運んでみてはどうですか?

意外に楽しいかもしれませんよ!笑

 

みなさんの疑問は解決できましたか?